NFTで話題のOpenSea 作品を無料でファボる方法

話しのネタ・Tips

NFT(Non-Fungible Token の略)が話題です。そして、NFT作品が取引されるマーケットプレイスとして「OpenSea」というWebサイトがよく紹介されています。

今回は、この「OpenSea」上で、気に入った作品に「Favorite」(「いいね!」のような機能)したい、つまり「作品をファボりたい!」という記事です。

高額取引で話題になった「NFT」

ブロックチェーン技術を活用した 「NFT」自体は以前から存在したのですが、今年2021年の初めごろに急激に盛り上がりました。たとえば:

  • Twitter創業者が最初のツイートが、291万5835ドル(約3億1640万円)で落札された
  • テスラCEOのイーロン・マスク氏が出した動画(音楽)に、112万ドルの値が付いた
  • 日本人アーティストの作品が、1,300万円で落札された

などの出来事が、2021年の1月から3月の間に、次々と起こりました。

「NFT」データにはジャンルがいくつかあるのですが、なかでもアート作品の取引で筆頭に出てくるのが、NFTならなんでもありという雰囲気をだしている「OpenSea」というWebサイトです。

OpenSea: Buy NFTs, Crypto Collectibles, CryptoKitties, Decentraland, and more on Ethereum
A peer-to-peer marketplace for NFTs, rare digital items and crypto collectibles. Buy, sell, auction, and discover CryptoKitties, Decentraland, Gods Unchained ca...

「OpenSea」でファボりたい!・・・けど、イーサリウムが必要?

「OpenSea」上には、高額なものからよくわからないものまで、作品が山ほどアップされており、ワクワクします。

眺めているうちに気に入った作品を見つけると、Like(いいね)を付けたくなります。

そして、それに応えるかのように、♡ハートマークのアイコンが、作品一つ一つについています。

しかし、それをクリックすると、次のような無慈悲な(?)画像が出る人が大半でしょう。

「You need an Ethereum wallet to use OpenSea.」というエラー?メッセージ

「イーサリウム・ウォレット」つまり、「イーサリウム(ビットコインのような仮想通貨)」が扱える機能を準備することが必須です、とおっしゃっています。

「うええ、イーサリウム、持ってないよぉ、おカネいるの・・・」

この画面を見たら、普通にそう思います。それ以前に、普通にIDパスワードで登録できないところで挫折します(少なくとも私は一度挫折しました(笑)

しかし、「イーサリウム」を用意しなくても、ファボることはできました。

※注)今後、「OpenSea」や「MetaMask」の運用ルールが変わっていく可能性があります。私がやったときはできました、という体験談としてお送りしております。

必要なのは「お財布」だけ?!

あらためて、ファボしたときのエラーメッセージをよく読むと、「You need an Ethereum wallet to use OpenSea.」つまり、「OpenSea」を使うには「イーサリウム・ウォレット」が必要です、と書いてあります。

「ウォレット」というのは、その名の通り、仮想通貨を扱う「お財布」機能です。

つまり、必要なのは「お財布」だけであって、中身のおカネは無くてもとりあえず使っていいよ、ということだと解釈しました(笑)

画面に表示された通り、キツネの顔をした「MetaMask」というお財布サービスが、「OpenSea」一押し激推しのようなので、素直に「Get MetaMask」というボタンを押します。

MetaMaskの登録は、実は超カンタン

まずはインストールを求められます。

パソコンならブラウザ拡張、スマホならスマホアプリをインストールする必要があります。

インストールしたら、新規に登録する画面に誘導されます。

ここで必須なのは「パスワード」1個のみです。

他には何も必要ありません。このシンプルさは、仮想通貨関連のツールを使っていてとても気持ちいいところです。

実際には「シークレット・リカバリー・フレーズ」という、パスワードを忘れたときのリマインダー機能があり、登録というよりメモって覚えろと促されます。(パスワードを絶対忘れない自信がある人は、登録しないで強行突破?することも可能なようです。)

パソコンのブラウザ拡張を使って登録した場合は、これで「OpenSea」サイトにアクセスすれば、ファボることができます。

MetaMask」のブラウザ拡張の表示例

初めてアクセスしたときに、作成した「MetaMask」ウォレットと、「OpenSea」サイトを連携してね、と言われますが、2回目からは何もしなくてもアクセスできます。 

スマホの場合、もう一段ややこしいので、次にそれをコメントします。

「Metamask」アプリのなかから、「OpenSea」にアクセスする

スマホアプリの「MetaMask」ウォレットを登録した場合、「MetaMask」スマホアプリのなかから「OpenSea」サイトにアクセスする必要があります。

これがわかりにくかったです。

「MetaMask」アプリを起動したら、以下のように、左上のハンバーガーメニューを押して「ブラウザー」というところを選択し、アプリ内ブラウザーを立ち上げます。(記事作成時点の仕様)

「MetaMask」のスマホアプリの表示例

アプリ内のブラウザーが起動したら、いつもどおり「OpenSea」サイトにアクセスしてください。

これでいつでもファボれます!!

まとめ

NFTで話題の「OpenSea」サイトにアクセスして、作品にファボ(ハートマーク)を付ける方法をお伝えしました。

このあと、「MetaMask」のアカウントと同時に作成されたイーサリウム口座に、イーサリウムを送金して使います。

お役に立てば幸いです。


コメント