実践!「リーン・スタートアップ」理論・メリットから具体的な手法までをシンプルまとめ

特集・まとめ

このブログでは、「リーン・スタートアップ」の考え方や具体的な実施手法をいくつか取り上げています。
関連する記事をまとめて、全体像をわかりやすくまとめます。

「リーン・スタートアップ」の概要

なぜいま「リーン・スタートアップ」なのか

「リーン・スタートアップ」が登場した時代背景、その理由を解説しました。

リーンスタートアップのメリット5選

あらためて、リーン・スタートアップ手法のメリットを5つに絞ってまとめました。

「リーン・スタートアップ」の実践

「リーン・スタートアップ」の基本のキ:フィードバックループ

「リーン・スタートアップ」の手順は、一般に、「構築」→「計測」→「学習」→「構築」・・・というフィードバックループを回すこととされています。

「リーン・スタートアップ」のフィードバックループ:「構築」→「計測」→「学習」

アイデア→「構築/Build」の段階

アイデアを出す極意、ブレストの基本

いろいろなところで語りつくされている「ブレインストーミング」つまり、アイデア出しの基本について、あらためて、できる限りシンプルにまとめました。

「ペルソナ」:ユーザーを絞り込む手法

「リーン・スタートアップ」とともに語られる相性の良い考え方として「ペルソナ」という考え方を紹介します。

カスタマージャーニー・マップの必要性とつくりかた

マーケティング手法として有名な「カスタマージャーニー・マップ」の必要性と、その作り方をまとめました。

「構築/Build」 →製品/Productをアウトプット

プロトタイピングの実践:ペーパープロトタイピングのアツさ

プロトタイプをつくる具体的な手法の一つとして、「ペーパー・プロトタイピング」をシンプルに紹介します。

テクニックや技術、特別な道具が一切必要ない、だれでも取り組める手法ですが、1冊の本ができるほど奥深いものがあります。

カンタン・ベンリなプロトタイピング・ツール

プロトタイピングの考え方を整理しながら、具体的なツールを紹介します。

「計測/Measure」→データ/Data を取得する段階

ユーザー・インタビューの奥義

「製品/Product」あるいは、プロトタイプが出来上がったら、それをユーザーに使ってもらってデータを取得しなければなりません。

「学習/Learn」段階でのもっともシンプルで実践しやすい手法として「ユーザー・インタビュー」を取り上げます。
準備のやり方から実践方法までを具体的にサポートします。

「MVP」:アイデアを製品/Productに具現化するときに考えること

「MVP」はシンプルでカンタンな概念に見えますが、実際に具体的に考え始めたときに、意外と深い概念であることがようやくわかります。起業家が陥りがちな「完璧主義」と「MVP」を比較して解説しました。

「学習/Learn」の段階

「ピボット」の考え方と困難さ

製品をつくり、ユーザーの手元に届けて、その反応を計測したら、それを整理し理解します。そのあとに、厳しい二者択一が待っています。

参考文献と打ち返し

「リーン・スタートアップ」に興味が湧いたら

「リーン・スタートアップ」で起業するなら必読の本を3つだけ選びました。

「リーン・スタートアップ」を拡大する

スタートアップ企業の新しい形・業態として「スタートアップ・スタジオ」という考え方を紹介します。

「リーン・スタートアップ」への打ち返し

「リーン・スタートアップ」の考え方がすごい勢いで普及したため、業態やチームにうまく合わないときの弊害や、手法そのものを批判する理論・スタンスも、打ち出されるようになりました。
その中でも特に有名な起業家を紹介します。

まとめ

「リーン・スタートアップ」について、理論から具体的な手法までをまとめました。

お役に立てば幸いです。

コメント